ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > レポート > 産業 > 和歌山県産の農産物における輸出戦略「輸出の現状と課題」Part1

和歌山県産の農産物における輸出戦略「輸出の現状と課題」Part1

研究部長  藤本 幸久

1.和歌山県の果実生産量及び農業産出額の状況

わが国の農産物輸出額は3年連続で伸び、平成26年は過去最高金額の3,569億円となったものの、この金額は日本の輸出総額73兆930億円の0.5%にしか過ぎない。

なお、農産物輸出額3,569億円は、農林水産物輸出総額6,117億円の58%を占めるが、うち果実の輸出額132億円は農産物輸出額の僅か3.7%のシェアである。また、農産物輸出額3,569億円は農産物輸入総額6兆3,223億円に対し5.6%でしかない。

わが国の農林水産物の輸出入額推移
(財務省貿易統計より作成、単位:億円)
わが国の農林水産物の輸出入額推移
わが国の農林水産物の輸出入額推移

平成26年の和歌山県果実生産量の上位主要品目は、次表のとおり、みかん173千トン全国シェア20%、梅71千トン64%、柿47千トン20%、桃10.8千トン8%で、全国順位4位の桃以外は1位となっている。

主要品目別生産量(平成26年)
(農林水産省統計より作成)
主要品目別生産量(平成26年)

一方、農業産出額は952億円、うち、みかんが231億円で県内農業産出額に占めるシェア24%、次に梅が117億円12%、柿80億円8%、桃48億円5%である。農業産出額は全国順位32位ではあるものの、みかんをはじめ上位主要品目は生産量と同様の全国順位となっている。

和歌山県の主要品目別産出額(平成26年)
和歌山県の主要品目別産出額(平成26年)

全国の農業産出額(平成26年)
全国の農業産出額(平成26年)
(財務省貿易統計より作成)

2.和歌山県産果実の輸出状況と課題

(1)輸出状況

農産物を輸出するには、輸出先国及び地域の市場調査、検疫条件対策、関税、通関費用、荷役料、流通費、販売手数料などの嵩む費用や多くの課題があるものの、国内市場の縮小が予想されるなか新たな市場の開拓による多様な販路が確保できること、生産余剰時における価格調整機能が期待できること、農業経営の安定化と地域経済の活性化がはかれることなどから輸出額は増加傾向にある。

ところが、輸出業者に対するヒアリングによると、和歌山県産みかんの直近の輸出状況としては若干増加してはいるものの、輸出数量と金額とも大きな変化はない模様である。次に、柿は輸出数量が増加してはいるが、単価ダウンにより輸出金額は微増となっている一方、桃については単価には大きな変化はないものの、輸出数量の増加により販売金額を大きく伸ばしているようである。

なお、和歌山県産農産物の主要輸出品目が、「みかん」、「柿」、「桃」であることから、財務省貿易統計より次表をそれぞれ作成し、わが国の輸出状況について見てみることとする。

わが国の「みかん」の輸出状況
(財務省貿易統計より作成)
わが国の「みかん」の輸出状況

温州みかんの輸出先国は、第1位がカナダで385百万円2,539トン53%シェア、次に台湾126百万円222トン17%、3位には香港113百万円270トン16%となっている。

輸出先国及び地域または生産地や品質の違い、さらには物価水準による差はあるものの、平成26年の輸出単価を見てみると、平均単価は220円/sであるが、なかでも最高単価はタイ611円/s、次に台湾568円/s、香港418円/s、シンガポール380円/s、比較的安価なのはカナダ152円/kgという状況となっている。

カナダの場合は、柑橘系果実を主にアメリカから輸入しているため、日本からはアメリカの生産の端境期に当たるクリスマスシーズン向け贈答品として、日本園芸農業協同組合連合会が中心となって輸出を行ってきた。カナダ向け温州みかんの出荷は毎年10月末から11月にかけてピークとなり、海上輸送が中心で利用港は神戸港、博多港、清水港である。

輸出の歴史は約120年と言われ、カナダ向けだけでも昭和55年(1980年)前後には1万トンもの輸出量があったものの、最近では平成19年(2007年)の4,557トンが最高で、ここ数年は2,500トンから3,000トン程度で推移している。

なお、平成19年にタイ向けの輸出が解禁されたことを受け、同年9月にアジア・フルーツ・ロジスティカ(開催地=バンコク)、さらに12月には日本食品フェア(同)に出展するなど、平成20年から現地販売が開始され平成26年には12百万円20トンの輸出状況となった。

これは輸出先国及び地域別の市場状況が反映された結果であろうか。今後、さらに輸出拡大をはかるには防疫問題はもちろんのこと、物流の効率化を含めた輸出コストの低減とあわせて市場調査など一段の研究をすすめる必要があるのではなかろうか。

わが国の「柿」の輸出状況
(財務省貿易統計より作成)
わが国の「柿」の輸出状況

柿については、平成23年までの輸出先国及び地域別の状況を分析することはできないものの、およそ年間1.5億円程度の輸出合計実績で推移している。ただ、平成24年から増加に転じ、平成26年には平成23年に対し約2倍の輸出状況となっており、なかでもタイへの輸出額が大幅に増加している。

ちなみに、柿の平成26年平均輸出単価は474円/sであり、台湾511円/s、タイ493円/s、香港435円/s、マレーシア428円/sという状況となっている。

ジェトロのアグロトレード・ハンドブック2013(平成25年)によると、タイ国内で柿は殆んど生産されていないものの、タイ人の嗜好に合うことから一定の需要がある。なお、日本産の柿は最高級品の果実として人気が高く、中国産の約7倍という高価格ではあるが、旬には高級百貨店のフェアなどで販売されている。

ただし、台湾では日本品種の富有柿の生産が、平成14年の34千トンから24年には81千トンと2.3倍に増産され、価格的に安い台湾産に対する評価も高まったことから、日本からの輸出量は平成21年の152トンが平成25年には8トンと激減している。

一方、日本国内では秋に柿が収穫されることから、春から初夏にかけて店頭に出回る柿は、南半球などの収穫時期が正反対になるニュージーランドなどからの輸入柿となる。例えばニュージーランド産は4〜7月、イスラエル産のシャロンフルーツ(渋柿を脱渋したもの)などは1〜2月を中心に店頭に並ぶこととなる。

わが国の「桃」の輸出状況
(財務省貿易統計より作成)
わが国の「桃」の輸出状況

桃の輸出先国第1位は香港493百万円547トン60%シェア、次に台湾313百万円331トン38%であり2カ国で98%のシェアを占める。

輸出単価の平均は922円/sであるが、インドネシアの1,347円/sがいちばん高く、次にタイの1,225円/s、続いてシンガポール1,124円/s、台湾945円/s、香港901円/s、マレーシア794円/sという状況である。なお、詳しくは次の「輸出戦略と戦略品目」の章で述べることとする。

(2)和歌山県産果実の輸出における課題

前述のとおり、全般的に輸出額は増加傾向にあるものの、全国の他産地に比べ、シェアを伸ばしきれていないという状況にある模様であり、ここで、和歌山県産農産物を輸出することの意義について以下に述べることとする。

  • 国内市場の縮小が予想されるなか、新たな市場の開拓による多様な販路が確保できること
  • 生産余剰時における価格調整機能が果たせること
  • 国内で評価されにくい商材の需要や嗜好に見合った新たな販売が可能となること
  • 輸出を行うことで知名度や信用力の向上とPR効果があること
  • 農業経営の安定化と地域経済の活性化がはかれることなどが考えられる。

ところが、近年の海外市場の傾向としては、輸出先が、香港や台湾など東アジアの特定の地域に集中していること、韓国や中国などから安い農産物が大量に出回るようになったことで過当競争となっていること、さらに、海外市場でも、日本国内同様、日本の産地間での売場獲得競争が常態化していることなど厳しい状況となっていることから、これらの問題解決が喫緊の課題となっている。

(2016.8)
(執筆者の所属、役職等は発表当時のものです)

このページのトップへ