ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > レポート

レポート

本ページでは、当研究所で公開している研究員レポートを掲載しています。
過去のレポートについては、左側の目次からご覧ください。

最新の研究員レポート

“里山”―アートが呼ぶ交流の輪― (平成29年8月発表) NEW
過疎化が進む里山。そのような里山をアートで多くの人々を魅了するイベントが全国で開催されています。その先駆けとなった新潟県十日町の事例から成功の秘訣を見ていきたいと思います。



付加価値を創造する新たな農業 Part1 イノベーションによる高付加価値化 (平成29年8月発表) NEW
日本国内の食品市場が縮小していくなか、国内農業の再生やFTA(自由貿易協定)及びEPA(経済連携協定)などへの対応策として、わが国の農業はどうあるべきか、いくつかの高付加価値化の視点から新たな農業を考察することとします。



BCP(事業継続計画)研究〈要約版〉 (平成29年8月発表) NEW
東海・東南海・南海3連動地震や南海トラフ巨大地震の発生リスクの高まりや、最近の台風や集中豪雨等の自然災害が引き起こす被害がますます甚大化する中で、和歌山県におけるBCP(事業継続計画・業務継続計画)への取り組みの方向性について考察することとします。



和歌山県における女性の就業状況 (平成29年8月発表) NEW
人口減少が進む中でも、経済成長を維持しようと、政府は「働き方改革」を進めています。ここでは、その中の重要テーマの1つ「女性の就業促進」を取りあげます。県内において、女性の就業率は上昇しているのでしょうか。国勢調査をもとに考察を行いました。



和歌山県産の農産物における輸出戦略 Part3 「輸出コストの低減と物流の効率化」 (平成29年4月発表)
わが国の食品市場が縮小していく状況のもと、国内農業の再生やFTA(自由貿易協定)・EPA(経済連携協定)などへの対応策として、和歌山県産農産物の輸出戦略はどうあるべきか、今回は輸出コストの低減と物流の効率化について考察することとします。



公的医療機関の統合再編と本県におけるその可能性(要約版) (平成29年4月発表)
最近、よく耳にする公的医療機関の統合再編。その事例調査を通して、統合再編の背景や要因、メリット等を明らかにするとともに、和歌山県における公的医療機関の統合再編の可能性について考察しました。



2016年における和歌山県の景気動向(平成29年4月発表)
2017年も春を迎え、早くも折り返し点が近づいています。そんな中で、「今さら、2016年を振り返っても」と感じられるかもしれません。ただ、その「2016年」は前半、後半で大きく様相が変化した年でした。2017年のこれからを考える上でも、「2016年」を振り返ってみたいと思います。



テーマ別の研究員レポート

まちづくり 交通 産業
歴史・文化 観光 社会・福祉
経済 地場産業 海外視察
その他

このページのトップへ