ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > レポート > 経済 > 南紀白浜空港利活用による経済波及効果推計について

南紀白浜空港利活用による経済波及効果推計について

研究部長  澤ア 喜英
研究部長  大門 忠志

南紀白浜空港利活用による経済波及効果額を測定するためアンケート調査を実施し、下記のとおり経済波及効果を推計しました。

1 調査日等

調 査 日 平成22年8月8日(日)、11日(水)、18日(水)、21日(土)
調査場所 東京国際空港(羽田空港)及び南紀白浜空港
調 査 便 東京→白浜12便(全便) 白浜→東京12便(全便) 計24便
調査件数 搭乗者数1,597人 配布件数1,190件 回収件数1,022件(回収率85.9%)

2 アンケート調査結果概要

  • A表:アンケート回答による総予算額
  • B表:搭乗客全員に係る総予算額推計

3 経済波及効果の推計

(1)アンケート調査結果による
  経済波及効果推計
(2)年間利用を前提とした
  経済波及効果推計
※年間利用: 4日間のアンケート調査の搭乗者数を平成21年度までの3年間の搭乗者割合実績に基づき月間→年間搭乗者数に換算し、年間利用者数を112,621人と推計して算出。
(3)2便増便・年間利用を前提とした
  経済波及効果推計
<※2便増便: 平成22年4月以降、東京⇔白浜間毎日各3便運行しているが、各1便ずつ計2便増便し、かつ(2)の年間利用客をベースとした搭乗者数の増加を前提として経済波及効果額を推計。

4 アンケート調査結果に基づく今後の利活用について

  • ・平均宿泊数は2.78泊であり、和歌山県観光統計調査結果(H21.3月)の2倍近い。
  • ・「今回が初めての空港利用」との回答が49.2%と高く、より一層の空港PRが必要と思われる。
  • ・運賃が高い旨の自由意見が22.8%と最も多く、特割3の適用期間拡大などが望まれる。

(2010.11)
(執筆者の所属、役職等は発表当時のものです)

このページのトップへ