ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山県内の動向 > 景気動向調査 > 景気動向調査 No.106

景気動向調査 No.106

「県内景況BSIは横ばい 見通しは小幅ながら下降」

平成29年1〜3月 実 績
平成29年4〜6月 見通し

結果概要

◎自社景況判断

矢印の向きに関しては、こちらをごらんください

平成28年
(10〜12月)
平成29年
(1〜3月)
平成29年
(4〜6月)
見通し
全産業
(BSI前期差)
up
(6.5)
景況BSI
▲8.7
side
(▲0.1)
景況BSI
▲8.8
n-down
(▲1.3)
景況BSI
▲10.1
建設業
(BSI前期差)
up
(16.4)
景況BSI
▲1.5
up
(5.0)
景況BSI
3.5
down
(▲11.8)
景況BSI
▲8.3
製造業
(BSI前期差)
side
(▲0.4)
景況BSI
▲1.6
n-down
(▲2.6)
景況BSI
▲4.1
up
(5.7)
景況BSI
1.6
商業
(BSI前期差)
up
(8.3)
景況BSI
▲20.6
n-up
(2.1)
景況BSI
▲18.5
n-down
(▲2.8)
景況BSI
▲21.3
サービス業
(BSI前期差)
up
(5.1)
景況BSI
▲6.5
n-down
(▲0.8)
景況BSI
▲7.3
n-down
(▲2.0)
景況BSI
▲9.3

◎特集アンケート
   〜 販路(市場)開拓の取り組みについて 〜

販路開拓がうまく進むポイントは「魅力のある商品・サービス」、「市場の情報収集」
販路開拓を実施したくてもできない主な理由は「人手不足」

◎ 販路開拓を「実施している」事業者は42.8%。「実施したいが、できていない」は22.1%

◎ 販路開拓を実施している事業者のうち、開拓が「進んでいる」事業者は約7割

◎ 今後の販路開拓で可能であれば実施したい取り組みとしては、「従業員の能力強化」、「商品・サービスの魅力度向上」が多い

◎ 販路開拓に関する専門人材の紹介・派遣に関する支援策について、「役に立った」事業者は 製造業で24.5%を占める

回収状況

発送先数 回答社数 回答率 回答社数(地域別)
和歌山市 紀北地域 紀中地域 紀南地域
建 設 業 200社 88社 44.0% 33社 15社 19社 21社
製 造 業 400社 201社 50.3% 80社 74社 26社 21社
商   業 600社 245社 40.8% 93社 50社 47社 55社
サービス業 800社 268社 33.5% 118社 52社 32社 66社
全 産 業 2000社 802社 40.1% 324社 191社 124社 163社

調査期間

平成29年3月3日〜3月27日

調査結果

このページのトップへ