ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山県内の動向 > 景気動向調査 > 景気動向調査 No.111

景気動向調査 No.111

「県内景況BSIは約4年ぶりの高水準
見通しは下降するもプラス水準を維持」

平成30年4〜6月 実 績
平成30年7〜9月 見通し

結果概要

◎自社景況判断

矢印の向きに関しては、こちらをごらんください

平成30年
(1〜3月)
平成30年
(4〜6月
平成30年
(7〜9月)
見通し
全産業
(BSI前期差)
n-down
(▲2.9)
景況BSI
▲2.2
up
(7.5)
景況BSI
5.3
n-down
(▲3.4)
景況BSI
1.9
建設業
(BSI前期差)
n-up
(1.8)
景況BSI
14.0
n-down
(▲2.3)
景況BSI
11.7
n-down
(▲1.0)
景況BSI
10.7
製造業
(BSI前期差)
n-down
(▲4.1)
景況BSI
2.8
up
(9.9)
景況BSI
12.7
n-up
(1.9)
景況BSI
14.6
商業
(BSI前期差)
n-down
(▲0.6)
景況BSI
▲13.4
up
(7.6)
景況BSI
▲5.8
n-down
(▲3.3)
景況BSI
▲9.1
サービス業
(BSI前期差)
n-down
(▲3.9)
景況BSI
▲1.7
up
(6.7)
景況BSI
5.0
down
(▲8.9)
景況BSI
▲3.9

◎特集アンケート
   〜 「直近決算期の業績」について 〜
「増益」事業者の割合(34.8%)は過去調査に比べて上昇するも
依然として「減益」事業者の割合(38.7%)の方が高い
   〜 「業務効率の改善、省力化」について 〜
業務効率の改善・省力化を目的とした投資を実施している事業者は37.9%
実施した事業者の9割が「期待通りの効果が得られた」と回答している

◎ 業務効率の改善、省力化を目的とした投資を「行っておらず、今後も行う予定なし」とする事業者は38.9%を占めており、その理由として「必要性がない」との回答が最多で、「自社にあった設備、ITが見つからない」との回答が2番目に多い

回収状況

発送先数 回答社数 回答率 回答社数(地域別)
和歌山市 紀北地域 紀中地域 紀南地域
建 設 業 200社 60社 30.0% 19社 10社 15社 16社
製 造 業 400社 171社 42.8% 70社 60社 26社 15社
商   業 600社 140社 23.3% 54社 28社 27社 31社
サービス業 800社 185社 23.1% 98社 32社 18社 37社
全 産 業 2000社 556社 27.8% 241社 130社 86社 99社

調査期間

平成30年6月8日〜平成30年6月25日

調査結果

このページのトップへ

-->