ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山県内の動向 > 景気動向調査 > 景気動向調査 No.115

景気動向調査 No.115

「県内景況BSIは2期連続で下降
見通しはほぼ横ばい」

2019年4〜6月 実 績
2019年7〜9月 見通し

結果概要

◎自社景況判断

矢印の向きに関しては、こちらをごらんください

2019年
(1〜3月)
2019年
(4〜6月)
2019年
(7〜6月)
見通し
全産業
(BSI前期差)
n-down
(▲1.7)
景況BSI
3.3
n-down
(▲3.6)
景況BSI
▲0.3
side
(▲0.1)
景況BSI
▲0.4
建設業
(BSI前期差)
s-up
(2.5)
景況BSI
39.1
down
(▲13.4)
景況BSI
25.7
side
(▲0.5)
景況BSI
25.2
製造業
(BSI前期差)
n-down
(▲1.7)
景況BSI
4.7
down
(▲5.3)
景況BSI
▲0.6
n-down
(▲4.5)
景況BSI
▲5.1
商業
(BSI前期差)
n-down
(▲1.8)
景況BSI
▲12.3
n-down
(▲4.5)
景況BSI
▲16.8
n-up
(1.3)
景況BSI
▲15.5
サービス業
(BSI前期差)
n-down
(▲4.4)
景況BSI
2.5
n-up
(1.6)
景況BSI
4.1
n-up
(1.0)
景況BSI
5.1

◎特集アンケート
   〜 直近決算期の業績について 〜
「増収」事業者が38.8%で、「減収」事業者の35.8%を上回った
営業利益についても、「増益」(36.8%)が「減益」(35.0%)を上回った
   〜 大型連休が事業活動に与えた影響について 〜
連休期間中も5日以上営業していた事業者が44.2%を占めた
大型連休による事業活動への悪影響が目立ち、大型連休を「希望しない」が64.7%

◎ 大型連休による事業活動への影響では、「売上高の減少」が45.3%で最多。「売上高の増加」等のプラスの影響は少なく、「連休前後の業務過多・業務集中」といった回答目立つ

回収状況

発送先数 回答社数 回答率 回答社数(地域別)
和歌山市 紀北地域 紀中地域 紀南地域
建 設 業 200社 103社 51.5% 41社 23社 19社 20社
製 造 業 400社 181社 45.3% 66社 67社 26社 22社
商   業 600社 232社 38.7% 93社 43社 46社 50社
サービス業 800社 270社 33.8% 115社 60社 28社 67社
全 産 業 2000社 786社 39.3% 315社 193社 119社 159社

調査期間

2019年6月7日〜2019年6月24日

調査結果

このページのトップへ