ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山県内の動向 > 景気動向調査 > 景気動向調査 No.117

景気動向調査 No.117

「県内景況BSIは4期連続で下降
見通しにおいてもさらに下降する模様」

2019年10〜12月 実 績
2020年1〜3月 見通し

結果概要

◎自社景況判断

矢印の向きに関しては、こちらをごらんください

2019年
(7〜6月)
2019年
(10〜12月)
2020年
(1〜3月)
見通し
全産業
(BSI前期差)
n-down
(▲2.5)
景況BSI
▲2.8
n-down
(▲1.1)
景況BSI
▲3.9
down
(▲6.1)
景況BSI
▲10.0
建設業
(BSI前期差)
down
(▲5.7)
景況BSI
20.0
up
(12.9)
景況BSI
32.9
down
(▲14.4)
景況BSI
18.5
製造業
(BSI前期差)
n-down
(▲1.9)
景況BSI
▲2.5
down
(▲11.9)
景況BSI
▲14.4
down
(▲5.0)
景況BSI
▲19.4
商業
(BSI前期差)
n-down
(▲3.8)
景況BSI
▲20.6
n-down
(▲3.1)
景況BSI
▲23.7
n-up
(2.5)
景況BSI
▲21.2
サービス業
(BSI前期差)
n-down
(▲2.7)
景況BSI
1.4
n-up
(3.2)
景況BSI
4.6
down
(▲10.2)
景況BSI
▲5.6

◎特集アンケート
   〜 消費増税の影響について 〜
増税後の景況感について「変わらない」とする回答が75.9%
前回増税時(2014年4月)に比べて「変わらない」とする回答は15.4ポイント増加

◎ 増税後に「増税分の8割以上を価格転嫁」したとする回答は43.7%

◎ 増税前に「駆け込み需要なし」とする回答は73.2%で、前回増税時に比べて20ポイント増加

   〜 キャッシュレス決済の導入状況について 〜
販売先に個人客を含む事業者のうち、キャッシュレス決済を導入している事業者は44.9%
現時点では、導入効果は「特になし」とする回答が75.9%を占める

◎ キャッシュレス決済を利用する個人客が「増加する」と考える事業者は48.6%

◎ キャッシュレス決済のさらなる普及を「希望する」事業者は25.5%

回収状況

発送先数 回答社数 回答率 回答社数(地域別)
和歌山市 紀北地域 紀中地域 紀南地域
建 設 業 200社 86社 43.0% 29社 18社 13社 26社
製 造 業 400社 151社 37.8% 57社 57社 22社 15社
商   業 600社 200社 33.3% 66社 43社 45社 46社
サービス業 800社 264社 33.0% 112社 46社 29社 77社
全 産 業 2000社 701社 35.1% 264社 164社 109社 164社

調査期間

2019年11月26日〜2019年12月16日

調査結果

このページのトップへ