ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山県内の動向 > 景気動向調査 > 景気動向調査 No.126

景気動向調査 No.126

「オミクロン株の感染拡大、仕入価格の急上昇もあり
景況BSIは過去3番目の下げ幅となった」

(※比較可能な2001年以降で過去3番目の下げ幅)

2022年1〜3月 実 績
2022年4〜6月 見通し

結果概要

◎自社景況判断

矢印の向きに関しては、こちらをごらんください

2021年
(10〜12月)
2022年
(1〜3月)
2022年
(4〜6月)
見通し
全産業
(BSI前期差)
up
(11.0)
景況BSI
▲10.9
down
(▲15.9)
景況BSI
▲26.8
up
(5.1)
景況BSI
▲21.7
建設業
(BSI前期差)
up
(22.0)
景況BSI
23.6
down
(▲24.7)
景況BSI
▲1.1
down
(▲5.4)
景況BSI
▲6.5
製造業
(BSI前期差)
n-up
(3.7)
景況BSI
▲13.5
down
(▲9.7)
景況BSI
▲23.2
n-up
(3.4)
景況BSI
▲19.8
商業
(BSI前期差)
up
(15.8)
景況BSI
▲20.9
down
(▲15.7)
景況BSI
▲36.6
up
(5.4)
景況BSI
▲31.2
サービス業
(BSI前期差)
up
(5.0)
景況BSI
▲13.6
down
(▲15.5)
景況BSI
▲29.1
up
(9.3)
景況BSI
▲19.8

◎特集アンケート
   〜 「温暖化ガス排出削減(脱炭素)に向けた取り組み」について 〜
「脱炭素」に関する取り組みを行っている事業者は26.7%
二酸化炭素(CO2)排出量を把握している事業者は7.7%

◎ 「脱炭素」に関する取り組みとしては「日常の省エネ習慣」、「省エネ機器・設備の導入」、「業務・作業の効率化」などが多い

◎ 「脱炭素」に取り組む理由では「社会貢献・地域貢献」が最多。「コスト削減」が次に多い

   〜 「ウィズコロナ(コロナとの共存)に関する取り組み」について 〜
新型コロナ感染・濃厚接触による従業員の欠勤について「欠勤あり」が44.9%
欠勤者発生時の業務継続手順を策定している事業者は9.5%

回収状況

発送先数 回答社数 回答率 回答社数(地域別)
和歌山市 紀北地域 紀中地域 紀南地域
建 設 業 200社 100社 50.0% 46社 19社 11社 24社
製 造 業 400社 202社 50.5% 70社 73社 36社 23社
商   業 600社 258社 43.0% 110社 42社 51社 55社
サービス業 800社 287社 35.9% 130社 59社 28社 70社
全 産 業 2000社 847社 42.4% 356社 193社 126社 172社

調査期間

2022年3月5日〜2022年3月25日

調査結果

このページのトップへ