ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 高橋克巳博士 〜世界初 ビタミンA製法確立〜

和歌山ブラぶらウォッチング

高橋克巳博士 〜世界初 ビタミンA製法確立〜 (和歌山市木本)





彼は明治25年(1892)、ここ和歌山市木ノ本に生まれた。東京帝大農芸化学に進み、同大学院にてビタミンAの発見で知られる鈴木梅太郎教授のもと、油脂中の栄養成分の研究に注力。鈴木教授との関係は大学院修了後理化学研究所に進んでからも続いた。

大正2年(1913)頃、肝油等の油脂成分中に動物の成長を促進する栄養素(後のビタミンA)があることが知られるようになってから各国で研究が進められていたが、ビタミンAは極めて不安定な物質で安定的に分離抽出する方法がなかった。しかしながら彼はタラ肝油から特殊な方法で分離抽出することに世界で初めて成功。この抽出成分は、多くの疾病特に夜盲症などの治療に顕著な効果があることが分かった。「理研ビタミン」の誕生である。

「理研ビタミン」の成功は、疾病に悩む多くの人々を救っただけでなく、特許収入は当時の理化学研究所の財政にも多大な貢献をした。現在の理化学研究所があるのも高橋博士のお陰と言っても過言ではない。

しかし残念ながら病気により大正14年(1925)、32歳の若さで早逝した。

この和歌山が誇るべき博士の生誕地がここです。

(取材:萬羽)

このページのトップへ