ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > レンガアパート 〜元 紀陽織布社宅〜

和歌山ブラぶらウォッチング

レンガアパート 〜元 紀陽織布社宅〜 (和歌山市鷹匠町)




↑クリックで拡大します

この俗称「レンガアパート」は昔、現在の三菱電機のある辺りにあった「紀陽織布」の従業員向けの社宅だったところ。大正9(1920)年建築と伝えられている。写真奥手に見える建物が唯一原形を留めているが、一階部分がレンガ造り、二階部分が木造という建築様式だった。レンガ造りの内部は既に廃墟化しているが、こうしたレンガ造りの建築物が見直されている昨今、活用の仕方によっては新たなレトロチックな“溜まり場スポット”に生まれ変わると考えるのは私だけでしょうか。是非、保存して活用したい一角です。

和歌山は明治期に繊維産業が開花し、全国的に繊維製品の一大生産供給基地でもあった。その後この繊維産業の興隆は、繊維産業に欠かせない染料を製造する化学産業を刺激することになり、和歌山は繊維産業・化学産業の盛んな先進工業都市となっていった。

紀陽織布株式会社は明治43(1910)年創設され、昭和4(1929)年頃昭和の大恐慌時に倒産しているが、大正15(1926)年と昭和4年に3,000名近い職工さんを巻き込む大労働争議がおきた。最後の労働争議が倒産のキッカケになったのでしょう。こうした近代化時代の明暗が染み込んだレンガアパートは、その歴史を語ることなく静かに佇んでいます。

(取材:萬羽)

このページのトップへ