ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 一枚岩・滝の拝 〜奇岩が織り成す奇景〜

和歌山ブラぶらウォッチング

一枚岩・滝の拝 〜奇岩が織り成す奇景〜 (古座川町)

一枚岩

滝の拝

地図
↑クリックで拡大します

「一枚岩」とは精神的な結束の強さを形容する言葉であるが、語源はひょっとしてここにあるのかな?と思わずにはいられない景色である。国の天然記念物にも指定されている古座川町一枚岩。高さ100m、幅500mの巨岩は訪れる人を圧倒する。かなり離れないとその全容を写真に収めきれないほどの圧倒的なスケールである。他にも古座川流域には一枚岩を始め、少女峰、天柱岩、虫食い岩、牡丹岩など巨石、奇石群が多く、日本の桂林とも言われる。

一方、古座川の支流になるが、複雑な形状をした岩場のあちこちから豪快にほとばしり落ちる水。ここも国の天然記念物となっている名勝・滝の拝。滝としての落差は8m位とむしろ小さい部類であるが、無数に穴が穿たれた岩床や、筒状に侵食された岩場など、豊富な川水の流れによって小石がくるくる転がることで侵食が進んだのでしょう。「滝の拝」という名前からして、滝を神として拝したことに由来すると言われている。滝のそばに小さな祠がある。ここには直径30cm位の石が祀られている。“滝の拝太郎”という浦島太郎風の民話が残されていて、滝壺にあった宮殿からのお土産がその石だという。鮎やアマゴ等、釣りファンにも人気のスポットである。

(取材:萬羽)

このページのトップへ