ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 志原千畳敷 〜層状節理の海岸美〜

和歌山ブラぶらウォッチング

志原千畳敷 〜層状節理の海岸美〜 (白浜町日置)

洞窟

千畳敷

地図
↑クリックで拡大します

白浜町日置にある志原海岸は、雄大な太平洋と優美な砂利浜の海岸線で有名である。しかしながら、千畳敷まで足を伸ばす人は少ない。

海岸線に沿った小道を歩いて小さな入り江に辿り着き、更に右岸傾斜部の岩場に沿って歩を進めると、視界が開け眼前に雄大な千畳敷が広がる。

この辺一帯の岩は層状で海岸にせり出し、特異な景色を見せている。足元の岩場は四角い石を敷き詰めたような石畳状態であり、自然が創りだしたプロムナードである。あちこちに洞窟(奥行きはあまり無い)が見られる。行き着く所まで行くと、鼻の穴のように、二つ並んだ洞窟がある。層状節理の岩盤であるため、天井部分が平板の特異な構造をしている。

波の浸食によりこのような洞窟ができたのであるが、何千万年という想像を絶する長さの時間を要した地殻変動がもたらした層状節理と、海という自然がぶつかり合うこの地だからこそ見られる奇景である。

紀南方面にドライブの際は、是非立ち寄って見ることをお勧めしたい。

(取材:萬羽)

このページのトップへ