ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > トルコ軍艦遭難記念碑 〜悲劇の海難事故を乗り越えて〜

和歌山ブラぶらウォッチング

トルコ軍艦遭難記念碑 〜悲劇の海難事故を乗り越えて〜 (串本町)



トルコ軍艦遭難記念碑

遭難現場

遭難現場

トルコ軍艦エルトゥールル号の遭難事件と、その後のトルコとの友好の絆について知る人は少ない。
本誌57号でも救出に関わる感動の逸話を取り上げているが、改めて簡単に紹介したい。
事件は明治23年(1890)9月、明治天皇への拝謁を終えたトルコの使節団を乗せたトルコ軍艦エルトゥールル号が、帰国途中大島沖で台風に遭遇し座礁・沈没した。
それを見つけた大島島民の不眠不休の懸命な救助活動により、650余名中69名が九死に一生を得た。
一方、同年海軍兵学校を卒業後、訓練のため横須賀に滞在していた若き秋山真之(坂の上の雲にも登場)らは政府の命を受け、これら生存者を軍艦「金剛」にてトルコまで送り届けた。

時は流れて1985年のイランイラク戦争時、救援機のあてもなく絶望の淵にあった日本人に対し、トルコ航空機による決死の救出劇は余りにも有名である。
時空を超えた日本-トルコの友好の絆の物語は、ここ串本町大島の樫野崎灯台近くで生まれた。
映画化(田中光敏監督)も決定した。完成が待ち遠しい。

(取材:萬羽)

地図

このページのトップへ