ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 旧県会議事堂 〜国内最古の木造和風の県会議事堂〜

和歌山ブラぶらウォッチング

旧県会議事堂 〜国内最古の木造和風の県会議事堂〜 (岩出市根来)

この旧県会議事堂は、明治31年(1898)に建築されたもので、現在の和歌山中央郵便局あたりにあった。昭和13年(1938)、議場を備えた現在の県庁舎の完成に伴いその役目を終え、建物はその後昭和16年に市内美園町、昭和37年に根来寺境内へと移築された。根来寺では山号の「一乗山」にちなんで「一乗閣」と名付けられ、当初は集会や合宿にも活用されたが、何時しか老朽化が進み使われなくなった。平成24年からの保存整備事業により今年(平成28年)建築当初の姿に復原され再びお目見えした。

尚、和歌山県議会初代の議長は“稲村の火”で有名な濱口儀兵衛(悟陵)氏。又この議場では明治44年(1911)夏目漱石が「現代日本の開化」と題し講演されたこともある。

(取材:萬羽)




地図

このページのトップへ