ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 神倉神社 〜巨岩を御神体とする神社〜

和歌山ブラぶらウォッチング

神倉神社 〜巨岩を御神体とする神社〜 (新宮市神倉)



ゴトビキ岩と神倉神社

神社から見る新宮市内

鳥居の奥に見える急峻な石段に先ず圧倒される。この鎌倉積みの石段は神社のある頂上まで538段とされている。最初の約200段が特に急勾配で、登り口で貸してくれる杖が邪魔になるほどである。

ほどなくしてしめ縄が巻かれた神社の御神体である巨岩群が見えてくる。その根元に朱塗りの神倉神社がある。この御神体である巨岩、見る角度によってはヒキガエルに似ていることから、こちらの方言で“ゴトビキ岩”と呼ばれている。

社もない原始信仰・自然信仰時代、ここ神倉山に熊野地方で最初に熊野権現が降臨した山とされる。やがてここから約1.5km離れたところに熊野速玉大社が造営され神倉から神が遷され祀られた。神倉神社が“古宮”に対し大社が“新宮”と呼ばれ、市の名称の由来になっている。

毎年2月6日に「お燈まつり」が催される。これは白装束姿の若者が松明を持ってこの崖みたいな急峻な石段を一気に駆け下りる勇壮な火祭りで、その迫力は半端じゃない。

(取材:萬羽)

地図

このページのトップへ