ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 紀州鉄道線 〜西日本一のローカルミニ私鉄〜

和歌山ブラぶらウォッチング

紀州鉄道線 〜西日本一のローカルミニ私鉄〜 (御坊市)

紀州鉄道線 駅名標

線路

紀州鉄道線は元々“御坊臨港鉄道線”が母体。昭和初期、国鉄紀勢本線の御坊駅が町はずれに設置されたことから、まちの有志が出資して昭和3年、港から市街地を経由して御坊駅を結ぶ鉄道会社を設立したことに始まる。

現在は日高川駅から西御坊駅間(0.7km)は廃止され、御坊駅−西御坊駅間の2.7kmが営業区間という、西日本一営業キロの短いローカル私鉄となっている。

御坊駅を出て最初の駅が「学門駅」。戦前「中学前駅」だったが廃止されたものの昭和54年跡地付近に「学門駅」が開業。受験シーズンになると、ここの入場券に人気が集まるという。隣の「紀伊御坊駅」では記念入場券等の鉄道グッズを購入できる。のどかなローカル鉄道、旅愁を味わってみませんか?

(取材:萬羽)

西御坊駅 運転席 地図

このページのトップへ