ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 和歌山ブラぶらウォッチング > 毛見隧道・鵬雲洞 〜和歌山の近代化遺産〜

和歌山ブラぶらウォッチング

毛見隧道・鵬雲洞 〜和歌山の近代化遺産〜 (和歌山市〜海南市)

毛見隧道


地図

和歌山市と海南市を隔てるように横たわる船尾山。そこを貫く既に一線をを退いた二本の旧隧道について紹介しよう。

毛見隧道は大正14年(1925)竣工の国道42号線の隧道で、紀州青石を用いて作られていて、大正ロマンを感じさせる格調高い意匠である。

現在は役目を新毛見トンネルに譲り、北行きのみ通行できる。鵬雲洞は明治44年(1911)竣工の路面電車用の隧道で、和歌山海南間を結んでいた。

廃止されたあとは紀三井寺緑道として市民のウォーキングなど散歩道として整備されている。両隧道とも土木学会の選奨土木遺産に指定されている。時代の変化を感じながら歩くのもいい。

(取材:萬羽)

鵬雲洞

このページのトップへ