ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 調査研究 > 受託調査実績(年度別) > 平成13年度

受託調査実績(平成13年度)

地域雇用開発計画策定調査 【和歌山県】

  • 地域雇用開発促進法に基づく地域雇用開発計画を策定することを目的とし、事業所および求職者に対するアンケートや公共職業安定所に対するヒアリングなどの実施その他の調査を通して、地域特性に応じた雇用開発に関する方策を分析し、適切な目標を設定しました。

新ふるさと関連調査 【和歌山県】

  • 「都会」と「地方」の相互理解が深まるような仕組みづくりが求められています。県は、「新ふるさと創生」に積極的に取り組む予定です。平成14年度から関連施策を一元的に実施するため、新セクションの設置を目指しています。そのため、以下の事例調査とその分析により、基礎的なデータを収集し、新ふるさと創生の理念をまとめました。
  •   1.都市との交流事業に取り組んでいる県内事例調査
  •   2.都市との交流に取り組む県内市町村調査
  •   3.都市との交流に取り組む県外先進自治体等の調査
  •   4.新ふるさと創生タスクフォース(TF)への出席

「和歌山県経済活性化プログラム」策定に関する調査 【和歌山県】

  • 和歌山県が展開する産業経済政策の方向性および緊急的に取り組むべき具体的施策を提示する「和歌山県経済活性化プログラム」を策定するための企業訪問調査等を実施しました。

和歌山県総合交通ビジョン策定に係る基礎調査 【和歌山県】

  • 社会経済情勢の変化が交通分野にも影響を与え、交通施設のバリアフリー化や環境負荷軽減施策、ITS・TDMなどの研究が進められている中、道路整備などのハード施策から情報通信技術の活用を伴うソフト施策に及ぶまで、各交通施策が体系化された「和歌山県総合交通ビジョン」を策定しました。

和歌山県少子化対策基本調査 【和歌山県】

  • 和歌山県は全国と同様に少子化が急速に進行しています。こうした状況の中、今後の少子社会、人口減少社会に対応するため、市町村や企業等を含めた全県的な少子化対策に取組む必要があります。少子化対策の指針づくりに資するため、県内市町村の少子化対策の現状、子育てにかかわる環境の実態、子育て家庭のニーズの把握、県施策の評価等の基礎調査を行ないました。

「和歌山県男女共生データブック」作成 【和歌山県】

  • 男女共生参画推進に向けた動きが活発化しつつある中、和歌山県の男女共同参画の現状・特徴・問題点を明確にし、今後の男女共生施策に資するデータブックを作成しました。

JR和歌山線活性化実現に向けた方策提言に係る業務 【和歌山県】

  • 1.沿線住民へのアンケート調査・分析。
  • 2.沿線住民一人ひとりが行う実践活動等の方策の収集・整理。
  • 3.1及び2をもとに今後必要な取組み及び提言をまとめました。
  • 4.1〜3をもとに、活性化のための広報・啓発チラシを制作しました。

企業立地の基礎資料作成 【和歌山県】 

  • 県内の企業立地環境を取りまとめるため、冊子「平成13年度 企業立地の基礎資料」の作成を行ないました。

和歌山市人権意識調査 【和歌山市】 

  • 人権問題に対する市民の意識を調査することにより、「和歌山市人権施策推進指針」を具体的な施策として推進していくための基礎資料をとりまとめました。

和歌山市魅力再発見事業 【和歌山市】

  • 和歌山市は固有の魅力を多く持った地域ですが、余り市民に馴染みがないものが多く、これらの財産が埋もれてしまい、忘れ去られようとしています。これらの本市の財産というべき事項を掘り起こし、市民に広く知らせることで、市民に和歌山市がどんなに素晴らしいところであるかを、再認識させる資料をとりまとめました。

県内景気動向の調査(和歌山市版) 【和歌山市】 

  • 和歌山市内の企業経営者の景況感とマインドの動向を客観的に把握するデータを得るため、当研究所が実施する景気動向調査の回答から和歌山市内の企業データを抽出し、調査項目ごとに判断指数等を集計しました。

平成13年度 和歌山市政世論調査 【和歌山市】

  • 市民をとりまく環境等をアンケートにより調査・分析し、市民の希望や意識を認識し、今後の市政運営上の参考資料としてとりまとめました。

第2次和歌山市基本計画策定のための市民意識調査 【和歌山市】

  • 日常生活や市政全般に対する市民の意見、要望などを幅広く集め、平成15年度からの和歌山市のまちづくりの指針となる「和歌山市長期総合計画(第2次基本計画)」策定のための基礎資料としてとりまとめました。

和歌山市労働実態基本調査 【和歌山市】 

  • 和歌山市内にある事業所の賃金等の労働条件の実態を調査(基準日:平成13年5月末)・分析することにより、各事業所の経営指針および労務管理指標として、また労働行政の基礎資料としてとりまとめました。

高野町長期総合計画 【高野町】 

  • 高野町では、平成元年に第一次長期総合計画「こころのふるさと高野町21世紀計画」を立て、町づくりを進めていますが、今日の社会情勢・経済情勢の変化に対応して、新しい町づくりを進めるための次期長期総合計画(目標年度:平成23年)にむけた調査及び計画の策定を行ないました。

湯浅町中心市街地活性化基本計画 【湯浅町】

  • 湯浅町の中心市街地は、古くから有田郡における商業の中心地でありましたが、モータリゼーションの進展、ライフスタイルの変化、さらには都市機能や商業集積の郊外への分散などにより活力が低下してきている状況にあります。そこで、これまでのまちづくり活動等を踏まえ、魅力ある中心市街地として再活性化するため、中心市街地活性化法に基づく基本計画の策定を行ないました。

湯浅町TMO構想 【湯浅町商工会】

  • 湯浅町中心市街地活性化基本計画に基づき、TMO設立の検討も含めたTMO構想を策定し、商業活性化に向けた事業内容の明確化とその推進体制を整備に資するものをとりまとめました。

本宮町合併問題研究会調査研究支援 【本宮町】

  • 本宮町の将来の姿および将来の行政ニーズとそれに対応する行財政のあり方や地方分権・市町村合併について、本宮町市町村合併問題研究会がすすめる調査研究に参画しながら支援を行ないました。

南海貴志川線延長に関する調査研究 【南海貴志川線延長期成同盟会】

  • 「南海貴志川線延長期成同盟会」が地域住民の福祉と生活向上および地域の発展に資するために目指している南海貴志川線の野上町までの延長について調査を行うとともに、延長希望エリアにおける交通の今後の展望についての研究を行ないました。

市町村人口推計調査 【地域づくり推進実行委員会】

  • 1995年および2000年の国勢調査結果をもとに、県内市町村の将来推計人口の調査を行ないました。また、簡易に人口推計ができるパソコンソフトの作成も同時に行ないました。

浄化槽法第11条法定検査制度改正に伴う検査体制の合理化基本計画策定事業 【(社)和歌山県水質保全センター】

  • 浄化槽法第11条検査にBOD項目を追加するため、和歌山県水質保全センターがBOD分析器を購入し、当センターの職員による検査体制をとるためのシュミレーション作成、BOD項目導入後の検査料金算定、BOD項目導入後の経営状況の分析、11条検査の受験率向上施策の検討を行ないました。

平成13年度 地域資源分析調査 【(財)和歌山県中小企業振興公社】

  • 環境問題は、個々の企業にとっても避けられない問題(コストの発生)であると同時に、今後の大きなビジネスチャンスでもあります。環境ビジネスの全国と本県の現状を調査するとともに、本県の産業資源に関する統計データ等を収集・分析し、データベース化を図ることにより、今後の経済産業施策の企画立案や施策遂行のための基礎資料を整備しました。

看護短大将来構想検討のための意識調査 【和歌山県立医科大学 看護短期大学部】

  • 現代社会の重要な課題の一つは保健医療福祉の充実であり、これを担う高度な専門的知識を持つ優秀な人材の育成が望まれています。本業務は、和歌山県立医科大学看護短期大学部の将来構想検討委員会における参考資料として、保健福祉に関心のある高校生やその保護者、看護職の他、理学療法士、作業療法士、社会福祉士を対象に、大学設置等専門化に対する志向や意識について調査を行ないました。

超臨界水ガス化適用に関する調査 【三菱マテリアル株式会社】

  • ガス化事業の事例について調査し、各事業の特徴、現状、並びに事業適用性の観点から整理しました。また、その調査結果を踏まえて、超臨界水ガス化の事業化への適用性について評価し、各種条件を明らかにしました。

サービス適正契約普及事業 【和歌山県】

  • 各老人福祉施設に対し、入居者の身体拘束に関するアンケート調査を行い、内容を分析したうえ、高齢者の身体拘束を無くすためにどのような課題が存在するか模索し、専門委員会及び各施設を指導するための指針としました。

このページのトップへ