ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 調査研究 > 自主調査実績(年度別) > 平成13年度

自主調査実績(平成13年度)

県内景気動向の調査

所内LAN・データベースの整備とホームページの開設

  • 統計データ等の基本データベースの整備及び研究所のホームページの開設を行いました。また、パソコンの機能強化を目的として、システム環境のグレードアップを行いました。

和歌山地域経済研究機構の共同調査研究

  • 和歌山大学経済学部、和歌山商工会議所と当研究所の三機関で設置した「和歌山地域経済研究機構」の共同調査研究として、本年は昨年より継続する「若者に魅力ある街づくり」の調査研究を取りまとめました。
  • 次いで平成13年度以降、次に掲げるテーマの調査研究と研究会を設置し、地域活性化方策の共同調査研究を行いました。
〔研究会〕物流・流通戦略研究会(継続)
  • 和歌山市は、京奈和自動車道、紀淡連絡道路が完成すると近畿自動車道とも結ばれた一大交流拠点となり、また、太平洋新国土軸の中核的役割を担うことになります。本研究会は和歌山地域における経済・産業の活性化と発展につながる物流・流通拠点の創造に向けた戦略等について研究・検討しました。
〔研究会〕都市創造戦略研究会(継続)
  • 右肩上がりの経済成長・都市成長の時代は、終わりを告げている今日、都市形成のあり方を抜本的に捉えなおし、長期的視野に立った展望と街づくり戦略を深め、和歌山における今後の街づくりのあり方について研究・検討しました。
〔研究会〕観光戦略研究会(継続)
  • 和歌山は優れた自然景観、歴史的遺産等に恵まれた観光県であり、経済・産業の活性化にも大きな影響がある。近年は、近畿自動車道紀勢線の延長、関西国際空港の2期事業の推進、紀の国ふれあいリゾート構想の推進等により、観光ポテンシャルは一層の高まりをみせています。そこで、本研究会は、一層の観光振興のための戦略等について研究・検討しました。
〔調査研究〕ベンチャービジネス事例研究(継続)
  • 和歌山におけるベンチャー企業30社程度をヒアリング等により、事業内容、創業時の状況、成功のための条件等について事例研究を行ないました。
〔調査研究〕IT活用による社会生活向上可能性
  • ITを一般市民がどのように使用し、それによって市民生活やNPOなど市民活動がどのように変化し、新たな質的向上が望めるか、そしてその時、どのような社会的・個人的な変化とそれに伴いどのような問題が想定されるかなどについての調査研究を行ないました。

和歌山の地域競争力(和歌山の未来)

  • 和歌山県の現状の地域状況を踏まえ、これからの地域社会の将来像を模索するための調査研究を行ないました。

ライフスタイルの展望と地域交流・連携の方向(和歌山の未来)

  • 将来の社会経済環境の変化と地域特性を踏まえ、和歌山の将来像を住民生活の視点から提示することを目的とした調査研究を行ないました。

交流・連携の基本方向

  • 和歌山県が未来に向かって発展していくためには、地域交流・連携が重要な要素となります。和歌山の地域競争力や人々のライフスタイルの変化等を考える中で、今後の地域交流・連携のあり方、方向について研究を行ないました。

和歌山県インターネット利用動向調査

食糧問題と農村のあり方

  • 食糧自給率が低下するなかで、日本の食糧生産を担ってきた農村地帯が、過疎、少子高齢化、後継者不足などが進み荒廃しつつあり、日本人の大多数を収容する都市から農村が切り離されようとする現在、食糧を巡る問題点を調査し、健全な食糧のあり方を考え、本来の食糧供給地域である農村のあり方を提言しました。

和歌山アクションプラン策定事業

  • 和歌山商工会議所において作成した「紀淡連絡道路を実現し、和歌山地域の活性化をはかるためのグランドデザイン」を活用し、県・市における都市計画も視野に入れ、テーマを絞り、短・中期的な地域整備の推進に向けた戦略的方策を検討しました。(和歌山商工会議所との共同研究)

和歌山グランドデザイン策定事業(和歌山グランドデザイン策定委員会)

  • 地域が共同で新たな都市像を創り、その都市像の実現に向けて協力していくために、和歌山グランドデザイン策定委員会を結成しました。都市像は、市民一人ひとりの和歌山への「おもい」や「夢」、意見が反映されてこそ、身近なもの、地域の共有するものとなります。本委員会では、「21世紀和歌山都市像」の提言論文の募集、21世紀和歌山を担う小学生の和歌山の都市像に関する「絵」を募集するとともに、広く各層からの斬新な視点、自由な発送による提言を募り、それらを基にして和歌山のグランドデザインを策定します。本研究所でも提言論文に応募し優秀賞などを受賞しました。

ワールドカップデンマークキャンプ誘致による経済波及効果推計

  • 経済効果が期待されている2002FIFAワールドカップにおいて、和歌山県はデンマークチームのキャンプ地誘致に成功しており、その経済的効果や社会的効果に大きな期待が寄せられています。デンマークチームが和歌山県でキャンプを行うことの和歌山県経済社会への波及効果を、キャンプ実施前の事前予測として推計しました。

「IT実践塾Stage1経営者向けセミナー」開催

  • 県内企業の3社に1社が「実践的なIT活用研修・アドバイス」を、4社に1社が「ITセミナー・講演会」を求めているという当研究所の調査結果を踏まえ、中小・中堅企業の経営者を対象に、IT化推進に向けて何が必要で何が経営に役立つか、自社の客観的なIT推進度、業務効率化や売上向上に向けた解決方法等について実践的な事例紹介を交えて展開するITセミナーを、当研究所とマイクロソフト株式会社の共催で実施しました。

このページのトップへ