ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 調査研究 > 自主調査実績(年度別) > 平成14年度

自主調査実績(平成14年度)

政策研究事業

  • 和歌山県庁と和歌山社会経済研究所が連携して、政策課題について調査研究を行いました。
地域通貨によるコミュニティの再生
  • 過疎化、少子高齢化、都市化などにより地縁、血縁が薄れる一方、資本主義経済のもと、強い通貨により地域の富資源が地域外へ流出していき地域社会(コミュニティ)の活力が失われてきています。強い通貨だけでは成り立たちにくい助け合い等を補完する通貨として地域通貨が注目されています。地域通貨によるコミュニティの再生、地域経済の活性化、まちづくり等が各地で活発化してきています。和歌山県においても一部の地域で地域通貨が実施されてきています。コミュニティの再生のために、地域通貨が一つのツールとして活用できないか調査研究するとともに、実際の地域通貨の立ち上げにも参画し地域通貨活用の実践調査研究を行いました。平成14年度には中間報告をした。引き続き平成15年度は、和歌浦地区における実践調査研究をします。
  •    →内容をご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。
世界遺産登録による県勢活性化調査
緑の雇用事業モデルの構築
  • 環境の保全で新たな雇用を創造し、中山間地域を活性化するため県内外の林業就業者に対して実施する緑の雇用事業があります。平成14年度はその事業受け入れの市町村、及び地元森林組合、就業者にヒアリングを実施しました。平成15年度は引き続き、県内でのIターンの林業就業者の定着化についてのモデルの構築を研究します。
本県経済活性化への中国戦略
  • 近年、中国の経済は目覚しい発展を遂げています。2002年にはWTO(世界貿易機構)の加盟を果たし一層、その勢いを増そうとしています。和歌山の企業の多くも、中国に工場進出を果たしており、これが本県の産業の空洞化を加速させることになるとの懸念もあります。こうした中、中国を生産拠点としてのみ見るのではなく、大消費国との見方も最近出てきています。平成14、15年の2年間で大きく変貌する中国に対して本県の産業はいかなる方向に進むべきか、その戦略を研究し、平成14年度には中間報告をまとめました。
旧市町村における地域管理モデルの調査研究
  • 本県では少子高齢化の進展、広域市町村合併の研究・協議が進む等により地域社会の状況が大きく変ろうとしています。地域住民は広域合併のメリットを享受できる一方、特に過疎地域では日常生活に不便さを感じるところも予測され、加えて行財政改革が進むなか、行政サ−ビスの低下が懸念されます。こうしたことから自立した地域住民がつくる地域社会づくりの具体化が求められてくるでしょう。そこで市町村合併後、住民が快適に暮らせる地域づくりをはかるための旧市町村における地域経営のあり方、運営方法等について、和歌山県大塔村をモデルにして調査・研究を行いました。
  •    →内容をご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。
地下水保存に関する検討

県内景気動向の調査

所内LAN検討委員会

  • 研究所内のLANを活用した情報共有や効率化を推進するための施策の検討と実施を行うとともに、効果的な外部向けホームページの作成およびコンテンツの追加等を行いました。

和歌山地域経済研究機構の共同調査研究

  • 和歌山大学経済学部、和歌山商工会議所と当研究所の三機関で設置した「和歌山地域経済研究機構」の共同調査研究として、次に掲げるテーマの調査研究と研究会を設置し、地域活性化方策の共同調査研究を行いました。
〔研究会〕物流流通戦略研究会
  • 和歌山市は、京奈和自動車道、紀淡連絡道路が完成すると近畿自動車道とも結ばれた一大交流拠点となり、また、太平洋新国土軸の中核的役割を担うことになります。本研究会は和歌山地域における経済・産業の活性化と発展につながる物流・流通拠点の創造に向けた戦略等について研究・検討し、取りまとめました。
  •    →内容をご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。
〔研究会〕都市創造戦略研究会(継続)
  • 右肩上がりの経済成長・都市成長の時代は、終わりを告げている今日、都市形成のあり方を抜本的に捉えなおし、長期的視野に立った展望と街づくり戦略を深め、和歌山における今後の街づくりのあり方について研究・検討し、取りまとめました。
〔研究会〕観光戦略研究会(継続)
  • 和歌山は優れた自然景観、歴史的遺産等に恵まれた観光県であり、経済・産業の活性化にも大きな影響があります。近年は、近畿自動車道紀勢線の延伸、関西国際空港の2期事業の推進、紀の国ふれあいリゾート構想の推進等により、観光ポテンシャルは一層の高まりを見せています。そこで、本研究会は、一層の観光振興のための戦略等について研究・検討しました。
〔調査研究〕カジノの可能性調査(継続)
  • 近年、カジノは地域活性化に有効であるとの事から議論が高まっています。この調査研究は、本県でのカジノ産業について様々な角度から調査するものです。カジノの地域活性化面での有効性、問題点等について社会的な影響面、経済効果面などの多方面の調査を行うとともに、本県でのカジノ産業立地の可能性を探りました。
〔調査研究〕IT活用
  • ITを一般市民がどのように使用し、それによって市民生活やNPOなど市民活動がどのように変化し、新たな質的向上が望めるか、そしてその時、どのような社会的・個人的な変化とそれに伴いどのような問題が想定されるかなどについての調査研究を行いました。
  •    →内容をご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。

和歌山グランドデザイン策定事業(和歌山グランドデザイン策定委員会)

  • 地域が共同で新たな都市像を創り、その都市像の実現に向けて協力していくために、和歌山グランドデザイン策定委員会を結成しました。都市像は、市民一人ひとりの和歌山への「おもい」や「夢」、意見が反映されてこそ、身近なもの、地域の共有するものとなります。本委員会では、「21世紀和歌山都市像」の提言論文の募集、21世紀和歌山を担う小学生の和歌山の都市像に関する「絵」を募集するとともに、広く各層からの斬新な視点、自由な発想による提言を募り、それらを基にして和歌山のグランドデザインを平成15年10月を目標に策定します。本研究所でも提言論文に応募し優秀賞などを受賞しました。
  •    →内容をご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。

和歌山アクションプラン策定事業

  • 和歌山商工会議所から和歌山大学への委託事業。ITを活用した活性化策について(竹林助教授)、人が集う街づくりについて(足立助教授)、友が島・加太・和歌浦を活用した地域振興策について(藤木助教授)の3分科会で検討、実施策を取りまとめ、セミナーを開催しました。各分科会の提案施策をセンターとなって推進する機関が必要で重要との指摘が分科会共通の提言です。

所内LAN検討委員会

  • 研究所内のLANを活用した情報共有や効率化を推進するための施策の検討と実施を行うとともに、効果的な外部向けホームページの作成およびコンテンツの追加等を行いました。

県出捐シンクタンク交流会

  • 県が出捐するシンクタンクの相互連携の強化を図るため、情報の交換や各種事業への取組やその方策について協議するとともに、シンクタンクを取り巻く社会、経済環境への課題等への意見交換を行うことを目的として、第12回県出捐シンクタンク交流会をホストとして開催しました。

このページのトップへ