ホーム | サイトマップ | リンク

ホーム > 調査研究 > 自主調査実績(年度別) > 平成23年度

自主調査実績(平成23年度)

政策研究事業

  • 和歌山県庁と和歌山社会経済研究所が連携して、政策課題について調査研究を行いました。
経済波及効果in和歌山23
  • メガソーラーの現状、和歌山県における誘致可能地区へのメガソーラー誘致における県内への経済波及効果の検討を行いました。
和歌山県の観光戦略研究〜海外からの観光客を中心に〜
和歌山県の福祉・介護の現状と課題および将来像
  • 福祉・介護分野における現状と課題について、専門家の協力を得て知見を深めるためのセミナー等を開催しました。
高齢者社会における地域づくり〜買物弱者問題を考える〜
  • 高齢者にとって日常生活における買物の不便さは最も身近な問題であり、和歌山県は全国的に見ても老人人口割合や1人暮らし老人世帯割合が多く、その取組が求められます。商業施設の郊外化・大型化、情報通信技術の進歩による消費形態の変化・多様化、公共交通機関の不採算路線廃止などの物理的要因に加え、近所づきあいや友人・知人からの支援の希薄化など社会的要因も存在します。本調査・研究では同問題に関する課題解決への視点や今後の地域づくりの方向性について考察しました。
  •    →「高齢化社会における地域コミュニティの再構築」として機関誌Vol69に掲載しました。
遊休農地解消復元対策研究
  • 県内外の耕作放棄地の復元と有効活用の事例情報の収集を行うとともに、耕作放棄地の発生防止及び解消のための諸施策並びに耕作放棄地解消後の経営安定と発展のための諸施策を調査しました。
和歌山県内における一次産業の“六次産業化”への展望

県内景気動向の調査

和歌山地域経済研究機構の共同調査研究

  • 和歌山大学経済学部、和歌山商工会議所と当研究所の三機関で設置した「和歌山地域経済研究機構」の共同調査研究として、次に掲げるテーマの調査研究と研究会を設置し、地域活性化方策の共同調査研究を行いました。
和歌山市まちづくり戦略研究会
  • 人口減少および人口構造が変化するなか、中核市としての明確なビジョンと将来的な都市構想が求められる和歌山市のまちづくりについて、多角的にアプローチし、まちづくりの方向性およびその戦略を研究しました。(平成23年・24年度)
和歌山市交通まちづくり研究会
  • 和歌山市まちづくり戦略研究会の分科会と位置づけ、和歌山市の将来ビジョンと整合する都市交通のあり方を研究します。初年度においては、都市交通のなかでも和歌山市における幹線交通のあり方について議論を集中させました。(平成23年・24年度)

地方シンクタンク協議会機関誌編集委員会

  • 協議会編集委員として参加。年間統一テーマを「日本の再生〜地域力の再構築に向けて」とし、年3回発行しました。小テーマとしては、東日本大震災に関連して「地域からの再生と絆」等を特集しました。

このページのトップへ