HOME > 事業内容 > 和歌山県内景気動向調査

社経研では、研究所設立以来、県内企業2,000社を対象とするアンケート調査ならびに政府統計をもとに和歌山県内経済動向に関する分析を行っています。

最新の
県内景況感
景気動向調査№134号〔2024年1月-3月〕

景況BSIは2.8ポイント下降。建設業、製造業での業況悪化が響いた
県内景気は足下で弱含んでいる



当研究所では、景況判断における各BSI値の変化について以下のような矢印を設定しています。

最新の「景気動向調査」の詳細はこちら

業種別の詳細はこちら

「景気動向調査」バックナンバーはこちら




グラフで見る
和歌山県
経済指標
グラフで見る和歌山県経済指標〔2024年5月〕

和歌山県経済は、個人消費・企業活動ともに弱さが見られ
雇用環境にも悪影響が及んでいる


県内の主な経済指標の状況 前年同月(*一部前月)との比較
 

個人消費

  • 百貨店・スーパー販売額(4月)は、3か月ぶりに前年を下回った
  • 新車販売台数(軽自動車[乗用]含む、4月)は、4か月連続で前年比10%超の減少
  • 新設住宅着工戸数(4月)は、2か月連続で前年を上回った
  

企業活動

  • 鉱工業生産指数(季節調整値)は、極めて低い水準での推移が続いている
  • 公共工事請負金額(4月)は、2か月連続で前年を下回った
  • TDB景気DI(4月)は、2か月連続で上昇
  

最新の「グラフで見る和歌山県経済指標」はこちら

「グラフで見る和歌山県経済指標」バックナンバーはこちら